HOME > 自転車と備品 > グリップ交換
  

グリップ交換

 自転車に長いこと乗っていると色々不具合が出てくる。タイヤはもう3回も交換しているし、パンクなんかしょっちゅうである。もともとこの自転車にはソフトグリップが装着していたので握り心地はよかった。しかし、年月とともにゴムがドロドロに溶けてきた。

 当初日光の影響かなとも思ったがグローブのゴムとの相性が悪かったのかもしれない。先日グローブとヘルメットをパクられたのでいまは違うグローブをしている。

 ネットで購入し自分で交換する。とりあえずできそうなことは自分でやってみよう。今回購入したのは「ERGON(エルゴン)コンフォートグリップ GP1 バイオコルク」です。ボクの自転車はシフトグリップなので左右のグリップの長さが違います。

 はっきりいってそこら辺の自転車屋さんでは物が選べません。ネットでは色々なメーカーから選べるのでみなさんもシフトグリップ用のグリップを買うならネットで購入することになるでしょう。仕方ない…

エルゴンのコンフォートグリップ

 作業開始5分。写真撮るの忘れてた。途中からになります。バーエンドバーをはずしてグリップを取ります。バーエンドバーもグリップも六角ナットで止めているだけです。だれでも交換作業はできるでしょう。

純正コンフォートグリップ

 とりあえずつけてみた。ちょっと浮いてるかも。。。まぁ、馴染んできてコルク部がややくすんできたらかっこよくなる予定。

シフトグリップ交換

バーエンドバー

 バーエンドバーを装着し、角度を調整。最後に端っこにキャップを取り付けて完了です。10分〜20分ぐらいで作業できるでしょう。

バーエンドバー左側

 こちらは左側。右側にしかシフトがないので左側は一般的な長さです。こんなグリップそこらへんでは売っていません。

純正グリップ

 今回取り換えた純正コンフォートグリップゴムがドロドロで手がベタベタするんです。まいった。でもやっと交換できたので快適な自転車通勤が約束される事でしょう。

後付けパーツ  クロスバイクで自転車通勤  通勤経路

▲TOPへ移動