HOME > 通勤経路 > KAMENOSE(亀ノ瀬)
  

KAMENOSE(亀ノ瀬)


powered by 地図Z

 KAMENOSE(亀ノ瀬)の入り口を示す国土交通省の電光掲示板である。積雪があれば通行規制がかかる区間である。もっとも雪の日は電車通勤である。また、冬場は凍結の注意が必要だ。この電光掲示板が1℃前後を表示していたら要注意である。

 心配しなくても「凍結注意」と温度計の上部に表示され、パトランプが点灯する。

KAMENOSE(亀ノ瀬)の入り口

 本日は若干寒い感じがするが気温13℃自転車を乗っていればちょうど気持ちいい時期である。しかし、自転車で通勤するのは朝と夕方、ちょっと寒い。

 ここから先は歩道がなくなる。そして道幅が狭くなるww 15Kmの通勤経路の中で一番危険な3Kmである。心がけていることはある程度スピードを出して早く通過すること。そしてボクを先頭に渋滞が始まればすぐにエスケープゾーンへ退避すること。

 自転車といえ、自動車の邪魔をしてよいわけではない。速やかに道を譲りましょう。

KAMENOSE(亀ノ瀬)、道幅狭い

 ここからは渓谷なので民家がほとんどなくなる。道幅が狭いのがちょっとつらい。後ろにコンテナ車がいると泣きそうになる。

 そして「バシュッ!!」「バシュッ!!」ってエアブレーキの音が聞こえて立ちこぎを始めるのさっ。

KAMENOSE(亀ノ瀬)、落石注意

 奈良から大阪方面に向かってとった一枚。帰りはここにある掲示板で温度を確認する。今見て思ったが落石注意の看板もあった。^^;

 自転車通勤って「朝から大変だね」って言われるけど慣れたら結構なストレス発散になる。このような渓谷があるルートなら大自然からマイナスイオンをチャージできるので心身ともにとても健康的である。しかもお財布にやさしい。

KAMENOSE(亀ノ瀬)、終点

 KAMENOSE(亀ノ瀬)の終点です。JRのガード下を左折して三郷方面へ。ここで25号線を外れるので一息つける。自転車通勤の一番怖いのは事故。しかも車両と接触したらシャレにならない。

 まぁ、KAMENOSE(亀ノ瀬)は危ないってわかっているから逆になかなか事故らないかもしれないが。。。

 ここに来るまでに約15分〜20分程度だ。いよいよ体があったまる。初夏なら汗だくだ!

国分ストレート  クロスバイクで自転車通勤  三郷〜王寺

▲TOPへ移動